ハート 団欒長屋

団欒学童舎

カケラで味わう

ちょっと暖かくなったかなぁ、と油断しそうになったらこれまでにない寒さで身も心も引き締まる。
そんな2月の8日、土曜日です。
蛍池界隈も、ところどころ、べちゃっとした雪が残っていました。もちろん団欒長屋の畑にも。
大根やほうれん草が甘くなるといいのですけれど・・・。

9日まで、阪急豊中駅の南側高架下にある豊中市立市民ギャラリーで、『市民会館おみおくり展』というのをやっていて、今日はその関連イベントの『市民会館の「カケラ」工作ワークショップ』に行ってきました。

取り壊された市民会館の、タイルや廃材をおすそわけしてもらい、自由に工作するワークショップ。
カケラで味わう往年の市民会館です。

このイベントの企画構成をされていた美術家の伊達伸明さん。取り壊される建物から出る廃材でウクレレを作り、持ち主に返すという『建築物ウクレレ化保存計画』をされている方だそう。
「建物→ウクレレ」の写真を見せていただきましたが、いいなぁと思いました。

この日も会館のステージに使われていた床板を、「丸く切って」という子どもの注文に、難なく応えてくださいました。

ステージの床板と、どん帳の房の一部を使って、ユニークなウォッチが完成。
帰宅してから色を塗って、さらにカッコよくなりました。

こちらは、ホールに使われていたタイルを、ピッカピカに磨き上げる2人。やりだしたら楽しくなって、DJ風に砥いでいました。
綺麗になったタイルは、団欒長屋のどこかに使う予定です。

こうして役目を終えた建物の一部が、また別のところで生まれ変わる。とてもステキだな、と思います。

団欒長屋も、たくさんの想いのカケラが詰まった、味わいのある家になりますように。

最近の投稿

カテゴリー

ARCHIVE