ハート 団欒長屋

お知らせ

子どもの頃に関わった大人

みなさんは小さい頃、親・親戚・保育園や小学校の先生以外で、身近にいた大人のことを覚えていますか?

八百屋のおっちゃん、駄菓子屋のおばあちゃん、隣の家のおねぇちゃん、ちょっと怖い名物おじいちゃん・・・

いろんな人たちがいて、親や先生とは違った接し方をしてくれませんでしたか?

私は小学生の頃、毎日遊ぶ公園の隣に、老夫婦が営む寿司屋があって、のどが渇くと「お水ちょうだーい!」と行っていました。開店前のひんやりと暗い店内に、酢飯の香りがしたのを今でも覚えています。
近所のお菓子屋でアイスを買おうとみんなでケースを覗き込んでいると、いつも店のおばちゃんに「決めてから開けや~」としかられました。
家の隣が貸本屋、向かいが文房具屋だったので、よく通っていました。
通学路に一時期、仮設の郵便局ができたときは、なぜか毎日通って「いきつけ」にしていました。

こういう人たちが、人生最初の「社会」になるのですよね。
親や先生の知らないところで接する最初の人たち。個人として直に接する社会。

そういう、親でも先生でも、ましてや友だちでもない、世代の違う人と関わることって、本当はもっと大切に考えてもいいんじゃないかと思うのです。ウン十年経った今でも覚えているくらいですから。
今の子どもたちってこういう、多世代との接触ってあるのですかね?

少なくとも私の娘は、私がシングルマザーということもあり、家では2人きりで、毎日会う保育所の方々、たまに会うばぁば&じぃじが、現在彼女のメインとなる社会です。
まだ2歳なので当然社会は狭いのですが、この時期に交際範囲を決めるのは必然的に親になってしまうので、できるだけたくさんの人に会わせたいな、と思うのです。
まぁ両親も離れていて、気軽に預けるわけにもいかないので、必然的にあちこち連れて行っているというのが実情ですが。

それでも私は幸い、趣味を通して世代も国籍も職業も違うユニークな友だちがたくさんいるので、普段は母子2人だけの生活になる娘には、いい刺激になっているのではないかと思います。

このあたりはいずれきちんと私たちの想いをお伝えしようと思いますが、いろんな価値観をもったいろんな世代の人たちと、小さいころから自然に関われるって、とても大切な経験だと思うのです。

最近の投稿

カテゴリー

ARCHIVE