ハート 団欒長屋

お知らせ

地域の子育て力をあげること

記事としては古くなるのですが、若者の自殺について、ずっと考えていました。
http://mainichi.jp/opinion/news/20130330ddm003040040000c.html

先進国7か国中、15~34歳の死因第一位が自殺という国は日本だけです。
10代の死因で最も多いのが自殺だなんて。

私は学生時代、いわゆるバックパッカーとしてアジアやヨーロッパなど、20か国以上を見て回りました。そしてつくづく日本は豊かな国で、子どもたちは恵まれた環境なんだと思いました。

それが年間3万人近くが自ら命を落とす国なんて。
日本は戦場か何かでしょうか。

若者への社会福祉などの対策が後手後手になってしまっているのは、若者が政治に参加しないから(投票に行かないから)というのも、もちろんあると思います。でも若いうちは「自分が政治に興味持ったところで、社会は変わらない。就職も年金も高齢者に手厚くて自分たちの未来はいいものではない。」というむなしさが私にもありました。

就職活動もことごとくダメで結局決まらず、全否定された気にもなりました。

でも・・・

たった1回の失敗で死ななければいけないなら、私なんていくつ命があっても足りません。
その後も失敗につぐ失敗の連続ですから。

若者の耐性がどうとか、そんなふうには思いません。そういう社会になってしまったのだと思います。「自分なんて何の価値もない」としか思えなくなったときに、「そんな自分でも大切に思ってくれる人がいる」と考えられるか。

“逆境で踏ん張れるタフさ”の根底には、自己肯定感の強さがあると思います。
「自分はここにいて大丈夫だ」
「認めてくれる人がいる」
いや、そのときはそう思えなくても、「自分だけは信じてあげないと」と踏ん張れる気持ち。

自己肯定感について考えると、どうしても乳幼児期の環境の大切さにいきつきます。
国が保育のあり方につて定めた『保育所保育指針』にも、保護者や保育士等、周囲の大人との信頼関係が、いかに子どもの発達や情緒の安定に大きな影響を及ぼすかが、何度となく書かれています。

おもちゃを取られた、友だちとケンカした、自分の思い通りにならなかった。
そのたび私たちは声をあげて泣き、親や周囲の大人にそんな気持ちを受け止めてもらっていました。
だからまた、立ち向かえる。

団欒長屋の目指す“開かれた子育て空間”には、かつての長屋ぐらしのような、地域の子どもは地域みんなで面倒をみるというような、想いが込められています。

地域の子育て力をあげる。
それだけで、局所的ではあっても、いろんな社会的課題を解消することができると信じています。

市長と一緒にクッキング

豊中市の市長、淺利市長が講師となって料理をするそうです。

豊中駅前『すてっぷ』のエレベーター前に貼ってたのを見て、思わずパチリ。

気さくな市長だなぁとほっこりしました。
ただ、残念なことに、「おとうさん力アップ!講座」なのですね。
お父さん、おじいちゃんと子どもだけの参加になります。
男性の料理教室、流行っているのですかね。開催すると結構参加者も多いようです。

参加できない私の代わりに、ぜひ豊中のお父さん方は参加してみてください。

種まきと収穫

週末、豊中駅前のビル、エトレ豊中5階にある『すてっぷ』にて、“ひと花さかそう塾”なる経営セミナーに参加してきました。

講師は中小診断士の仲下聖治さん。税理士の宗智哉さんもご同席されていて、参加者は女性ばかりで、和やかな雰囲気でした。

仲下さん(左)と宗さん。気さくなお二人です。
参加者はそれぞれ、自分がこれからやりたいことを絵に描き、それをみんなの前で説明するのですが、なんと!団欒長屋とおんなじ思いを持っている方がいらっしゃいました!
すでに起業されていた方ですが、「地域」、「アクティブなリタイア世代」と共通のキーワードがあり、地域が幸せに、イキイキと社会貢献するというイメージも同じでした。
業種は違えど、今後何らかの形で連携できたらなぁ。
ということで、しっかりアドレス交換もしてきました。
こういうセミナーの素晴らしいところは、志を同じくする人と交流できる点です。名刺を忘れてしまう失態をやらかしてしまったのですが、みなさんまだお持ちでなかったので、参加者全員でスケジュール帳やノートを回しながら連絡先の交換をしました。
セミナー後のお茶会も、フランクにいろんなことが話せて刺激になりました。
このセミナー、講師やテーマを変えながらあと4回あります。1回だけの参加もできるそうです。
豊中近辺にお住いの方、人脈づくりのためにもぜひいかがですか?
『想いを伝える=種まきをする』
必ず収穫がありますよ!

暑くて熱い一日

6月12日、豊中市は37.9℃で日本で一番暑い所になりました。

そんな中、私たち団欒長屋プロジェクトも設立以来、一番熱い時間を過ごしていました。
そう、申請していたファンドの二次選考、プレゼンテーションです。
たぶん年老いて自分の人生を振り返っても、「ああ、あのときは頑張ったな」と思えるほどの勝負ポイントだったんじゃないかと思います。
緊張して何しゃべったか覚えていませんが、火事場の馬鹿力的なパワーを発揮して、脳みそフルスロットルで質疑応答を乗り切りました。手応えも感じています。
あとは結果を待つのみです。
とはいうものの、「待つのみ」ではありません。結果が出るまでに進めることは山ほどあります。
プレゼンが終わってからは多少、燃え尽き感といいますか、脱力感で動く気力もありませんでしたが、14日には団欒長屋プロジェクトを始動させるため、物件の最終下見と仮契約などを済ませてきました。
改装デザイナーさんも下見に同行いただき、交渉も進んでいます。
ファンドのことはとりあえず置いておいて、まずは自分たちの力でできることから始めたいと思います。
やりたいことがいっぱい。ワクワクするな。

能勢はらっぱマーケット

日曜は能勢までドライブ。娘と『団欒長屋プロジェクト』メンバーを乗せて。

いろんな職人さんでシェアしているdecoboco工房のメンバーさんたちを中心に、月に1度、第一日曜日に開催される『能勢はらっぱマーケット』。

思い出したようにパラ、パラと落ちてくる大きめの雨粒も、深~い山の香りを増して、思わず深呼吸したくなります。

ひっきりなしに車が入って来て、すごい賑わいでした。出展者数も予想以上で…。
でも場所柄なのか、主催者さんたちの人柄なのか、と~ってものんびりしていて、ユルさがたまらなく心地よかったです。

いいなぁ、こういう感じ。ドライバーでなければ、確実に飲んでました。
こんなとこでキャンプしたいな、とか出展して楽器吹いたりしたいな、とか夢が膨らみます。

工房入口の大きなテルテル坊主が、本降りをせき止めてくれていたのかも。

ん~、いい週末だ。
あ、土曜も日曜も、一応『団欒長屋プロジェクト』を進めるためにお出かけしてたのですよ。
せっかく新しいことを始めるのだから、楽しまないと!

小旅行@奈良

土曜日、奈良市高畑町にあるギャラリー『あんず舎』に行ってきました。
大好きな木工作家、豊川忠宏さんと椿﨑和生さんによる“どうぶつ展”。

はがきがボロボロなのは、奈良へ行く電車の中で娘がかじったからです…




楽しくて思わず笑ってしまう動物の数々、一つひとつにキャラが宿っていて、とてもユーモラスです。
娘にも見てもらいたかったのですが・・・

午前中、若草山で「鹿ちゃん」に興奮しすぎた娘は、『あんず舎』にたどり着く前に寝てしまい、ついに一つも見ることはありませんでした。

そこらじゅうで普通に生きている鹿は、大人でもちょっと違和感というか、変な感じがしますよね。
生まれて初めて身近に見る「鹿ちゃん」がとーっても気になる娘でしたが、やっぱり怖くて、ついぞ触ることはできませんでした。けっこう人懐こくてぐいぐい近寄って来る鹿にビビりまくりでした。


母はといえば、旅行気分でテンションが上がり、着いたそばから青空ビール!
週末、明るいうちから、しかも天気のいい屋外でくーっと飲むビールは最高です!!
ぷはぁ~!リフレッシュ!
ええ週末やぁ。

宿題がいっぱい

『太陽がいっぱい』みたいに爽やかに書きましたが。

保育実習という科目。
絵本読んだりお歌をうたったり、現場主義のハイパーテンションな先生のおかげで、眠気を感じる暇もない楽しい授業なのですが。

「次の授業で使うから、準備してきてねー!」とさりげなく出された宿題は・・・
大小6種類の動物を裏表に描いて切り取り、ラミネート加工のようにテープで補強するという。
これまた楽しそう・・・に思えますよね?

確かに。作画・工作、まぁ久しぶりで新鮮です。
しかし、2歳児のいる家でこんな宿題・・・
確実に「遊び」認定されるじゃないですか。
現にこのブログ書いているだけでも、「遊んでるなら相手して!」とばかりにぐいぐい来られます。
とても家ではできません・・・。

そんなわけで、授業の合間の休憩時間にコツコツやっていますが。
これまでもずっと、休憩時間には一人黙々とテキスト読んだりしていて、雑談しているクラスメイトからは「勉強家ねー」と言われてきました。

「いやー娘がまだ小さくておまけにシングルマザーなんで、帰宅したら家事・育児だけで精いっぱいなんで・・・学校にいる時間が唯一の勉強時間なんです(汗)」

と、なぜか言い訳している私。
今ではクラスで一番大変な人と認められ、お弁当食べながら勉強していても、温かい目で見られています。

家ではホントに何もできないから、コツコツ学校で頑張るしかないです。
しかしなんで言い訳してんだろ・・・

職場見学

保育の勉強をしているので、職場見学といえば当然保育所かと思っていました。

が、初めての職場見学は、中津にある『大阪府立整肢学院』という、医療型障害児入所施設でした。つまり病院の機能もあって、そこで寝泊まりをして生活しながら、いずれ自立するためにさまざまなスキルを学ぶ施設です。隣には小・中・高まで特別支援学校もあります。

そこには保育士はもちろん医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士など、100名ちかくの専門家が24時間体制で働いています。

見学時、施設にいたのは未就学の乳幼児と、高校生以上のオーバーエイジの子たち。保育室で一緒に遊んでいました。といっても、自分で首を動かすのがやっとという重い障害の子もたくさんいて、他人と交流を持つという感じではありません。
それでもスタッフのみなさんは、感情をこめて表情豊かに語りかけていらっしゃいました。
そしてそれに応えるかのように、みんなも天真爛漫な笑顔を見せてくれていました。

重い障害のため親が育児放棄し、児童相談所から預かって施設に入所していることがほとんどだと看護長の方からうかがいました。中には虐待を受けていた子もいるし、当然、親が会いに来ることもない、と。

なんだか胸が痛くて、どういう顔をしてその場にいたらいいのかわからなかったです。
自分にできることは何か、考えずにはいられませんでした。

そこで働く方々は、本当に大変だと思います。それでもこの子たちがいつか自力で社会に出られるように懸命にサポートし、だからこそ施設が社会と隔絶された場であってはならないと私たちのような見学者を受け入れてくださっているのだと思います。

そうした皆さんの想いが感じられる、素晴らしい施設でした。

待ちわびた手紙!

私はある手紙を待ちわびていました。
「果報は寝て待て」なんて言っていましたが、とあるファンドを申請してからというものの、寝て待つなんてできません。あれやこれや、ちょこまかと動きながら、毎日ソワソワして待ちわびていました。

その手紙が本日届きました。「一次選考通過」レター!

つまり、今まで悪戦苦闘で作成した書類の審査をパスし、二次選考である面接審査のチケットをいただいたのです!
郵便受けに手紙を見つけ、即座に開封し、「書類審査を通過しました」の文字を見たときには、テンション上がりました。もう、共に頑張ってくれた団欒長屋メンバーや協力していただいた方々に感謝感激です!

と、一瞬浮かれたものの・・・
面接審査=プレゼンテーション・・・誰がやるの?
もうまったく時間がないのです。早速、メンバーで作戦会議です。

「果報は寝て待て」から、「勝って兜の緒を締めよ」。
全力でやってみます!素晴らしい機会をありがとうございます!

資金調達

今日は週初めで保育の学校も6コマたっぷりあったのに、午前中から眠気に負けそうになっていました。

日曜日、遊びすぎました。
休養するのも自己管理のうちですね。反省。
眠気覚ましのガムを噛んでみたり、休憩中に仮眠を取ったり。
なんとか乗り切ったのですが、今日はもうひとつミッションがありました。
それは夜から大阪市内で行われる起業家セミナー「資金調達」編に参加すること。
勉強だけに専念できればいいのですが、そんな悠長なことはしていられません。
一昨日の土曜日も物件の下見に行きましたが、まず『団欒長屋』の核となる家探し。
早く決めてしまわなければいけません。
そして同時に進めなければいけないのが、資金調達。
今日はセミナーで、詳しく具体的に聞くことができました。学校ではあんなに格闘していた眠気も、なぜかまったく表れず。
以前、金融関係の方から個別相談でお話を伺ったときは、内容がまったくわからず呆気に取られてしまったこともあるのですが、今日は違いました。
講師の方の説明や資料がわかりやすかったのと、相性もあるのでしょうね。
少しずつですが経営学用語への耐性もついているのかもしれません。
なんせ申し込みから審査を経て、融資決定までひと月はかかります。
勉強の合間をぬって、こちらも進めていきます!

最近の投稿

カテゴリー

ARCHIVE

gotop