ハート 団欒長屋

お知らせ

物件探し@豊中市

多世代で集える、開かれた子育て空間。

それには何よりもまず、「建物」が必要です。
私たちは「団欒長屋プロジェクト」という名前ですが、何が何でも長屋でやりたい!というわけではありません。 というより、多世代が集う空間を活かして、さまざまなイベントをやりたいなぁと考えているので、むしろ一軒家がいいんじゃないかと考えています。

長屋ってのはあくまでイメージで、「夕飯一品おすそ分け」とか、「ちょっと子どもを見ててもらえますか?」みたいな”お互い様”でつながるコミュニティをイメージしてのネーミングです。
実際の長屋だと、先に住んでいる方全員に了承を得て大胆な改装工事したり、いろんな人が出入りしたり、にぎやかにイベントしたりってのは無理がありますよね。 だれも住んでいない長屋を借りるというのも現実的ではない。文化住宅なんかも素敵だなーとは思うのですが、事務所使用だけならいざ知らず、保育するとなると・・・

というわけで、現在私たちは、一軒家を中心に「開かれた子育て空間」を作るのにふさわしい物件を探している最中です。
家賃、立地、広さ、どれも妥協はできないので、不動産屋さんには、無理言っていくつも出していただいています。
また、私たちのやりたいことをたくさんの方に伝えると、中には直接家主さんを紹介してくださったり。

ご協力いただいている皆様、本当にありがとうございます。
いろんな世代の人たちが集まりたくなるような、素敵な場所をきっと作ってみせます!

理解のある大家さんとの出会いがありますように。
素晴らしいご縁で「ここだ!」と思える物件と出会えますように。

私たちももっともっと、種まきしていきます。

開かれた子育て空間って?

4月27日、「開かれた子育て空間」ってどんなだろう?と、建物に関するイメージを出し合いました。
これからどう形作っていくか、楽しみです。

イメージは長屋でみんなで子育て

多世代でつながる子育て空間 団欒長屋プロジェクト

というのが、私たち団体の名前です。

今、子育てしている女性、特に都市部で核家族、さらに共働きで育児をしていると、 ほとんどの方は、気軽に頼れる他人なんていないのではないでしょうか?

実は私もそうなんです。

で、私にとって、どんなところが理想かなぁと考えたところ、 昔の長屋みたいに、「お互い様」、「向こう三軒両隣」の精神で ちょっと困ったことがあれば助け合い、おすそ分け(シェア)があるコミュニティ、 それも同世代だけで集まるのではなくて、いろんな世代がそれぞれの「これ得意だよ」とか「ちょっと手伝って」を持ち寄れる場所。
そんな空間があればなぁと思い立ったのが、始まりでした。

だからこそ、この名前なのです。

多世代でつながる子育て空間
団欒長屋プロジェクト

ゆるゆると、始まります。

最近の投稿

カテゴリー

ARCHIVE